Windows・MS

Office365をPowerShellで管理する(初期設定手順)

投稿日:2015-07-15 更新日:

Office365の設定を変更しようとすると、GUI画面では変更できない設定項目が存在します。

この場合、Windows Powershellコマンドレット(CUI)を使用して設定変更が可能です。

「Windows Azure Active Directory」モジュールを使用した一連のフェデレーションコマンドも使用可能です。

Powershellを使えば、以下のようなことができます。

  • ライセンス管理
  • ユーザー管理
  • シングルサインオン機能管理
  • ドメイン管理

つまり、Office365全般機能を制御することが可能というわけです。

 

広告

Powershellを使用するには以下の操作が必要になります。

  1. 初期設定(初回のみ
  2. 実行前の準備(毎回

 

今回は、「1.初期設定」 手順を説明します。


1-1. [スタート] - [すべてのプログラム] - [アクセサリ] - [Windows PowerShell] を選択します。

1-2. [Windows PowerShell] を右クリックして [管理者として実行] を選択します。

powershell-first-setup-1

1-3. Get-ExecutionPolicy コマンドを実行します。

powershell-first-setup-2

結果に [RemoteSigned] と表示された場合は、2-1. に進んでください。

powershell-first-setup-3

結果に [RemoteSigned] と表示されない場合は、続けて以下のコマンドを実行します。
Set-ExecutionPolicy    RemoteSigned

「実行ポリシーを変更しますか?」と表示されたら Enter キーを押下します。

powershell-first-setup-4

powershell-first-setup-5

2-1. コマンド プロンプトで、次のコマンドを実行します。

net start winrm

powershell-first-setup-6

2-2. コマンド プロンプトで、次のコマンドを実行します。

winrm get winrm/config/client/auth

powershell-first-setup-7

powershell-first-setup-8

powershell-first-setup-8

※ WinRM サービスを開始した場合に、Basic 値を変更する必要がない場合は、コマンド net stop winrm を実行して WinRM サービスを停止してください。

powershell-first-setup-9

3-1.Microsoft ダウンロード センターから Microsoft Online Services Sign-In Assistant for IT Professionals RTW をインストールします。

3-2.Azure Active Directory Module for Windows PowerShell (64 ビット バージョン) をインストールし、[実行] をクリックしてインストーラー パッケージを実行します。

※2014 年 10 月 20 日 をもってAzure Active Directory Modure for Windows PowerShell(32ビットバージョン)は廃止されたそうです。

 

設定はここまでです。


次回は「実行前の準備(毎回)」について説明します。

広告

-Windows・MS
-

Copyright© ムコの戯言帳 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.