アイテム

「蔵に悪魔が棲んでいる」と噂を流して守った伝説のワインを飲んでみた

凝縮した強烈な「渋み」を持つフルボディのワインを探していたところ、ようやくたどり着いたのが「レセルバ・プリバダ カベルネ・ソーヴィニヨン」です。

あまりに美味しくて盗み飲みをするものが後を絶たなかったため、創業者が「蔵に悪魔が棲みついている」と噂を流し、人々を恐れさせたという伝説。

渋いワインがお好みでしたら、絶対におススメ。噂を流して守った理由がよくわかる、本当に美味しいワインです。

レセルバ・プリバダカベルネ・ソーヴィニヨン

基本情報

  • フルボディ
  • 産地は、チリの「マイポ・バレー
  • 生産者はチリ最大のワインメーカー「コンチャ・イ・トロ
  • 内容量:750mℓ
  • アルコール分:13.5%
  • ワインブランド「カッシェロ・デル・ディアブロ」の上級ワイン
  • 赤い悪魔」で知られるマンチェスター・ユナイテッドの公式ワイン
  • 価格は¥3,000円弱

スーパーでもよく見かける「カベルネ・ソーヴィニヨン 」と同じ蔵で作られていますが、こちらの方が「渋み」、「重厚さ」、「奥行き」が増し、エレガントで上質な味わいです。

ディアブロ(悪魔)のマークが瓶についているのが大きな特徴。ラベルも真っ黒で雰囲気があります。

飲んでみた感想

公式サイトで「ブラックベリーやローストしたコーヒー、チョコレートなどの豊かな香り」と書いてあるように、濃厚な香り。

口に含むと、タンニンの重厚な渋み(嫌な渋みではなく上品で豊かな渋み)が感じられた後に、奥行きのある味わいが口いっぱいに広がります。

評価  : 

黒ブドウで最もメジャーなカベルネ・ソーヴィニヨンを使用。タンニンの渋味がしっかりと感じられる種類。僕はこのブドウが一番好きです。

この品質と味で値段が安いのもこのワインの魅力。
やはりチリの気候がワイン栽培に適しており、大量生産できる点、フランスなど欧州に比べ人件費が安く、かつ関税の面でも優遇されている。
この価格を維持できるのは様々な要因が手助けしているのでしょうね。

いま最も注目されるのはチリワイン、これからも色々な種類を飲んでみたいと思います。

スーパーでよく見かける方も飲んでみた

お手頃価格だったので近所のスーパーで買ってみました。

コルクではなく、スクリューキャップ、見た目からしてちょっと安っぽいんですが

味も。値段相応です。しっかりと渋みは感じるが全体的に「薄い」印象でした。

評価  : 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

だっち

30代 二人の子持ち。 婿はなにかと肩身が狭いので、寺泊で釣りができることが何よりの癒しです。シーバス、アジング、メバリング、ショアジギング、たまにぶっこみ釣りやサビキ釣りも。冬にはスノボを楽しみます。

© 2020 ムコの戯言帳