Windows・MS

Windows10 デスクトップ アイコンの表示間隔を狭くする方法

投稿日:2015-07-23 更新日:

自分の性格上、どうしてもデスクトップにペタペタとファイルを貼ってしまいます

あっという間にデスクトップがファイルで埋め尽くされてひどいありさまになること、しばしば。。

そんな人たくさんいるんじゃなでしょうか。自分だけじゃないはずです

 

でも待てよ。 よく見ると、アイコン間の距離がXPに比べて広いような気が。。

 

XPの時はもっとペタペタ貼り付けられた気がします。

 

よし、アイコン間の距離を狭くしてもっとたくさんペタペタ貼り付けてやるぞ!

早速、画面の設定を片っ端から開いていって設定項目を探しましたがありません。。

XPの時は確か「画面のプロパティ」>「デザイン」あたりでできたはずが、調べてみると、Windows8.1はレジストリを直接変更しないとダメなようです。

 

レジストリの変更は自己責任でお願いします。

事前にエクスポートしてバックアップを取得しておくと安心です。

 

広告

[変更前の状態]

windows-desktop-arrange1

 

[手順]

1.windowsキー + Rキー 同時押しで 「ファイル名を指定して実行」 ダイアログを表示します。

2.ダイアログに "regedit" と入力し、「OK」をクリックすると、 レジストリエディタが起動します。

 

3.「HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Desktop\WindowMetrics」を選択します。

以下の2つの値をお好みで変更します。

  • 「IconSpacing」=横の間隔 (初期値:-1500)
  • 「IconVerticalSpacing」=縦の間隔 (初期値:-1125)

windows-desktop-arrange2

私は以下のように設定しました。

  • 「IconSpacing」=-1100
  • 「IconVerticalSpacing」=-1100

windows-desktop-arrange3

 

4.レジストリの値を変更したら、再起動します。

[変更後の状態]

windows-desktop-arrange4

これでデスクトップ上にびっしりとペタペタ貼り付けることが出来ました!

満足です

 

広告

-Windows・MS
-, , ,

Copyright© ムコの戯言帳 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.