Windows・MS

BHDrvx86.sysが原因で 『0x00000135』 が発生した場合の対処

投稿日:2016-11-28 更新日:

Windows7 professional x86環境にてブルースクリーンが発生。

A problem has been detected and Windows has been shut down to prevent damage
to your computer.

The problem seems to be caused by the following file: BHDrvx86.sys

If this is the first time you've seen this stop error screen,
restart your computer. If this screen appears again, follow
these steps:

Check to make sure any new hardware or software is properly installed.
If this is a new installation, ask your hardware or software manufacturer
for any Windows updates you might need.

If problems continue, disable or remove any newly installed hardware
or software. Disable BIOS memory options such as caching or shadowing.
If you need to use safe mode to remove or disable components, restart
your computer, press F8 to select Advanced Startup Options, and then
select Safe Mode.

Technical Information:

*** STOP: 0x00000135 (0xc0000017, 0xca893394, 0xa1e91c50, 0xa2138a80)

*** BHDrvx86.sys - Address 0xa1e91c50 base at 0xa1e1b000 DateStamp 0x57b0f16b

キーワードは「BHDrvx86.sys」と「0x00000135」の2つ。

0x00000135は、通常は存在するファイルが失われたか、壊れたという意味らしい。

PC内を検索したところ、BHDrvx86.sys自体は存在していたため、壊れてしまったのだろう。
BHDrvx86.sysはSymantecフォルダ配下にあるため、ウィルス対策ソフト関連のシステムファイルと思われる。

S

ymantecのcleanwipeツールを使用してウィルス対策ソフトをアンインストールしたあと、再度インストールしなおしてしばらく様子をみた。その後ブルースクリーンは再発していないのでこれで解決したようだ。

もし0x00000135の原因ファイルがBHDrvx86.sysでなかったとしてたら、その場合は別のPCから同じ名前のファイルをコピーして持って来ればよさそうだということがわかった。

解決したと思っていたら、解決していなかった・・

この記事を書いた翌日、再発してしまった(笑)

メモリダンプをSymantecへ送付し、調査を依頼。

同様の事象が他でも発生していたようで、2016年12月上旬にリリースされた定義ファイルを更新すると治ると言われた。

とりあえず様子見、もし再発したらまた追記しようと思う。

広告

-Windows・MS
-, ,

Copyright© ムコの戯言帳 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.