Windows・MS

Office365をPowerShellで管理する(毎回行う手順)

投稿日:2015-07-17 更新日:

前回はOffi365をPowerShellコマンドレット(CUI)で管理する場合の初期設定手順を説明いたしました。

今回はPowerShellを使用する場合に、毎回必ず行わなければならない手順について説明します。


前提条件:PowerShellの初期設定が完了していること。

広告

1.「Windows PowerShell 用 Windows Azure Active Directory モジュール」を右クリックして「管理者として実行」で起動します。

office365-powershell-before-use1

2.以下のコマンドを実行します。

$LiveCred = Get-Credential

office365-powershell-before-use2

3.資格情報の確認が表示されます。Office 365 の管理者権限のあるアカウントとパスワードを入力します。

 

office365-powershell-before-use3

4.以下のコマンドを実行します。

$Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://ps.outlook.com/powershell/ -Credential $LiveCred -Authentication Basic -AllowRedirection

office365-powershell-before-use4

※警告が表示されますが、正常に接続されている証拠ですので問題ありません。

office365-powershell-before-use5

5.以下のコマンドを実行します。

Import-PSSession $Session

office365-powershell-before-use6

6.以下のコマンドを実行します。

Connect-MsolService -Credential $LiveCred

office365-powershell-before-use7

手順はここまでです。


次回は、実際にPowerShellを使用してOffice365の設定を変更してみようと思います(^^)/

広告

-Windows・MS
-

Copyright© ムコの戯言帳 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.