Web技術

Google Chromeで表示サイトのTLSバージョンを調べる方法(2020年TLS1.0、1.1問題)

古いバージョンのTLS(具体的には1.0と1.1が該当)を使用しているサイトは早急にTLS1.2以降を有効にする必要があります。

主要ブラウザ(Chrome、Edge、Firefox、Safari)は2020年上半期中に対応が終了する予定とのこと。

2020年1月13日より、Chrome79以降ではTLS1.0、TLS1.1を使用しているサイトに、セキュリティ警告のインジケーターを表示。
さらに、2020年3月にリリースされるChrome81ではサイトへの接続ブロックを開始し、全画面表示の警告を表示するそうです。

参照https://security.googleblog.com/2019/10/chrome-ui-for-deprecating-legacy-tls.html

 

そんなわけで、気になった方は、自分のサイトがいったいどのTLSバージョンを使用しているか調べてみましょう!

 

Google Chrome Win PC版で表示中サイトのTLSバージョンを調べる

自分のサイトで実際にやってみました。

サイト上で右クリック、表示されるコンテキストメニューで「検証」を選択します。

 

 

右ペインの右矢印「>>」をクリック後、「Security」を選択します。

 

[Security overview] が表示されると中ほどに「Connection」関連の記述があります。
ここに使用されているTLSのバージョンが記述されています。
下の写真はこのサイトで「TLS1.2」が使用されていることを意味しています。

 

あとがき

だっち

実は他に管理しているサイトがあるのですが、それはTLS1.0でした・・・トホホ

今慌ててサーバーを移行している途中です。

root権限持ってても、サーバー移行する方が正直手っ取り早いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

だっち

30代 二人の子持ち。 婿はなにかと肩身が狭いので、寺泊で釣りができることが何よりの癒しです。シーバス、アジング、メバリング、ショアジギング、たまにぶっこみ釣りやサビキ釣りも。冬にはスノボを楽しみます。

© 2020 ムコの戯言帳